Taqueria ABEFUSAI

口に入ったタコスの味の広がりでは、アベフサイの右に出るタコスはないだろう。

見た目は小さく、シンプルなカルニタス(豚のほぐし煮)だが口に入れた途端、

その見た目からは、想像もできない小宇宙を口の中に感じることができる。

北海道でたくましく育った放牧豚の味の強さ。

八列トウモロコシを粒から臼で挽き、常にベストに焼き上げたトルティージャ。

濃厚なトマトをふんだんに使ったサルサに、独特なヴェルデソース。

そして、全ての味を繋げるワンポイントのパイナップル。

噛むごとにそれぞれの味が混ざり合い共鳴する。

うまい!

固定の店舗を持たない彼のタコスを食べるのは貴重であり、

食べた時の喜びは何物にも代えがたい。

Taqueria ABEFUSAI

 

1996年のDF(メキシコシティ)、今はなきAvenida Hotel横のTaqueria 。

雑多な通りの小さく庶民的な店に大きな影響を受け、タコスを作っています。

旅を通じて影響を受けたカルチャーから、私たちなりの“no border”スタイルに。

アメリカ・メキシコ・日本の3ヶ国での体験を1つに編み込み融合したタコスです。

心をこめた全て手作りのタコスが、様々な人に繋がればと願います。

 

在来種の八列トウモロコシ粒を使用し、灰で煮る古代マヤの伝統的スタイルのトルティージャを作っています。

灰は古くから日本酒など日本の発酵文化に関わりもあり、その他農業、染物、陶芸、和紙、料理、藤布など様々な伝統文化に利用されてきています。

メキシコでも今は、灰ではなく水酸化カルシウムを使って煮るのが主流となった為、日本でもメキシコでも稀なトルティージャかもしれません。

Photographer: Kuniaki Sasage (http://vbsp.net)

Text: Texta (Radiall)